楽 典  −音符と休符−                            高 音楽  
   
    高等学校音楽Tにおける学習指導要領において,A)表現,B)鑑賞がある。A)表現においては(1)歌唱(2)器楽(3)創作があり,どの表現においても,読譜力は欠かせない。そこで読譜力の基本となる音符と休符の名前や長さを学習し,表現活動に繋がることを目的とした。  
   
  2,対象の校時
教科:高校音楽T
単元:音楽のしくみ
対象:高等学校 1年生
 
   
   基本的な音符と休符の長さの相互関係を理解しながら,音符と休符の種類を理解する。  
   
 
  学習の展開 教師の支援・評価の観点
導入 1.ストレッチ・発声

2.既習曲の斉唱及び合唱

<支援>
・BGMを流しながらストレッチを行う。

<評価> 
・リズムと音程に留意して歌っているか?

 

<プリント課題>
「楽典−音符と休符−」
1.「音符の定義」の説明を聞いてまとめる。
2.「休符の定義」の説明を聞いてまとめる。
3.「音符と休符の名前」についてまとめる。
4.「付点」の説明を聞いてまとめる。
5.「音符と休符の長さ」についてまとめる。
6.「音符と休符」の問題を解答をする。
<支援>
・提示用教材を用いて説明を行う。

<評価>
・教科書や副読本を用いて,課題を意欲的に取り組んでいるか。

まとめ 1.「音符と休符」の名前と長さについて学習したことを確認する。 <評価>
・音符と休符の名前を答えることができるか?
・音符と休符の長さを説明することができるか?
 
   
    1)基本的な音符や休符の名前を答えることができる。
  2)基本的な音符や休符の長さについて,説明することができる。
 
   
     教師用PC(1台),プロジェクター(1台)
 ワークシート(一太郎)
http://www2.open.ed.jp/JBC000F/JBC010F_app.po?DATA_ID=37370
 提示用教材(Micro Soft Power Point)
http://www2.open.ed.jp/JBC000F/JBC010F_app.po?DATA_ID=37370
 
   
 

1)スライドにアニメーションを入れることで,生徒に意識を持たせることができる。
2)付点における考え方を簡潔に表示することができる。
3)音符と休符の名前と長さについて,提示し説明することができる。

           図1  <表紙>

         図2  <学習内容>

         図3  <語句説明> 

          図4  <音符説明>

         図5  <休符説明>

          図6 <付点説明>

                                                   

                         図7  <音符と休符の長さ説明>

 
 
Copyright(C)2004 Okinawa prefectual Educatinal Contents practical use promotion Consortium. All Rights Reserved